2020年、明けましておめでとうございますふ

旧年2019年は

今までで一番短い一年に感じました。

でもどんな一年だったかと聞かれると

石原果樹園はもちろんフルーツを生産していますので

どうと聞かれても

何を残したか説明しにくい

形には残りにくいところがあります。

ーーーー

ただ、多くのお客様や友人が

果樹園を訪れて下さったり

遠方から多くのご注文を頂いたり

皆さんの気持ちが

石原果樹園やフルーツに

動いて下さったのは

とても大きな事です。

海外からのお客様も今までで

一番多いシーズンでした。

ーーーー

石原果樹園のFacebookや

ブログやYouTubeなど

ネット上での

発言をチェックして頂いてる方々は

感づいてらっしゃると思いますが

僕、イシハラナオキの発言は精神論

気持ちの部分が多いと思います。

道徳の時間が好きな

理系崩れの

文系なんです、、😅

ーーーー

たまに果樹園の売上を聞かれる事があります。

こないだもYouTubeのコメント欄でもその質問がありまして

ネット上でどこぞの誰か知らんヤツに簡単に答えるかい!

と無視しましたが、、

ーーーー

僕は数値よりも

どうお客様や

生産したフルーツが喜べるか。

笑顔や

歓声や

感想など

そこを追求するのが好きなんです。

ーーーー

新しい若いスタッフみんなに

伝える事ですが

『岡山といえばフルーツ。

そのフルーツを求めて県外から多くのお客様が来られる。

俺たちは岡山を代表してる仕事をしてる。

岡山を代表して、お客様に対応しよう。

人間は近い人に慣れて

感謝を忘れる傾向がある。

どんなに忙しくても

それに負けないように

スタッフ同士も労りあって

隣にいてくれる奇跡に感謝して

雑な話し方はしないようにしよう。

話し方が雑だと

一瞬で人間関係が崩れる。

言葉で人生決まるよ』

ーーーー

『海外から石原果樹園に来られるお客様も多い。

俺たちは日本を代表してる仕事をしている。

俺たちの接客で日本のイメージも決まる。

お客様はかなりの準備をして

予定も調整して

お金をかけて日本に来る。

どんなにお客様が多くても

目の前のお客様がそこにいるのが当たり前だと思わないように。

お客様も日頃

一生懸命仕事して

お金を貯めてここに来られる。

皆さんの大切な人生の時間が

ここで使われる。

感謝を忘れないように

相手の気持ちを最優先に接客しよう』

ーーーー

など

ああだこうだ伝えます。

僕は海外へも行ってきましたし

自分がお客さんになる事も多いです。

農家であれば

必然的に田舎に住む事が殆どですが

時間があれば

外へ出て感じるようにしています。

ーーーー

ありがたい事に

自分の仕事をしながら

教育に携わる事もあって。

海外でも子どもたちの教室に

入れてもらってきたので

接客=教育

みたいなところがあるなーと

感じています。

ーーーー

石原果樹園は

美味しいフルーツを

買って食べるだけでなく

人として

心地いい感覚を提供する

果樹園でありたいです。

ーーーー

最近は

お金は大切だ

日本人は儲ける事

お金を悪のように思う人が多い。

海外では

お金儲けは悪では無い。

と、たまに聞きます。

ーーーー

もちろんお金は大切ですが

それが最初に来るのは

違和感があります。

そこを求めるのではなく

他者に感謝と愛情を持って

人としてどう生きるかが

石原果樹園らしさでありたいです。

ーーーー

僕はアメリカでも生きてきました。

海外の僕の仲間はお金の話をしたり

売り上げや収入を聞いたりする場面に

あまり出会った事が無いです。

仕事へのモチベーションを聞くと

『一緒に働いてるみんながいいヤツだから

彼らにいい生活をさせてあげたい』とか

カッコいい事を言ってくれます。

アメリカはキリスト教の国ですし

移民の国ですし

他者を大切にする気持ちが強いです。

ーーーー

石原果樹園のお客様は

ホント素晴らしい方々ばかりで

いつも感動させて頂くのですが

果樹園の外へ出ると

日本は自分主義が強くなってきて

凄く違和感を感じます。

ーーーー

コンビニの車椅子マークの

駐車場に平気で駐車したり。

挨拶もロクに出来ない

人間が多すぎます。

僕から見ると

最近の子供がどうこうではなく

最近の自分世代の大人は

どうなっとんねん。

特に岡山の田舎は!

人を大切にしようぜ。

と石原果樹園のお客様が素晴らしいだけに

ギャップを感じる事が多いです。

ーーーー

人間の性格は

直ぐには変わらないですし

人を変えようとせずに

石原果樹園がしっかりして

自分たちで

岡山のムードも変えていけるように

いきたいと。

ーーーー

相変わらず

話は逸れましたが、、

2020年も

美味しいフルーツを育てるために

一瞬一瞬を大切に。

その結果

お客様に喜んで頂けるよう

僕たちが

真っ直ぐ進んでいきます。

2020年

令和二年。

本年も何卒宜しく

お願いいたします😊

2019年梨シーズン

11月20日頃から出荷を始め

あんなにあった梨たちも

残り僅かとなりました。

石原果樹園の直接のお客様。

デパートやスーパーや

他の直場所や

あちこちの施設でお買い求め頂いたお客様。

皆様のご愛顧に感謝です。

ありがとうございます。

いつも自分がお世話になった皆様に

クリスマスに届くよう

今年も出荷させて頂きました。

今回初めて、クリスマスリボンも付けて。

石原果樹園のこのオリジナル梨箱を作った時に色を迷って

お歳暮シーズンはクリスマスと被るから

グリーンにしようと作った経緯もあります。

お店に並んだ時に

石原果樹園と一目で分かるので

緑にして良かったなーと。

ブランドを育てるのには

時間がかかりますので

地道に積み上げていきます。

僕が就農して

一番の課題は

この年末の

あたご梨・ヤーリーを

どう上手く販売していくかでした。

石原果樹園は商品は昔から評価されてきました。

ぶどうは販売シーズンがおよそ3カ月ありますし

岡山のぶどうは有名ですし

生産物としても独特の魅力があり

販売しやすい商品です。

年末のあたご梨・ヤーリーは期間がひと月しかなく

年を越えてしまうと

大きなギフト箱は動かないので

12月中旬までに

どう商品を動かすか。

一生懸命頑張らないと

進まない

終わらない仕事です。

僕はどうすれば農業の意味を伝えられるか

フルーツにはどんな意味があるか

そんな事を考えるのが好きです。

ただ物として

フルーツを扱うのではなく

生き物として

自分がフルーツだったら

どうお嫁にいかせて欲しいか。

自分がお客様だったら

どこまで考えて仕事している

生産者から意味をもって買いたいか

精神論や

人としての感覚を追求しないと

見えてくるのもが違うと

思っています。

毎年梨の試食販売をさせて頂いていますが

商品に興味がありそうなお客様には

『良かったら何でも聞いて下さいね』とお声をかけて

質問されるのが好きです。

自分がお客様だったら

深く考えて仕事してる人が好きだし

農業を通して

社会貢献を目指している人が好きだし

人に喜んで貰おうと

こだわりのいい商品を

生産してる人が好きです。

農業は上手くやれば

出会いも多いし

色んな企業さんもと関わっていけて

刺激も多いし

教育にも関わっていけて

自分の仕事も肯定出来るし

人間関係や人の命にも関わっていけるし。

考えれば考えるほど

こんな強い意味がある仕事あるのか

これしかない仕事だなと

思えるようになれました。

最近は農業ってプロスポーツにも似てるなと思います。

育成して

戦略をたてて

ブランディングして。

世の中に訴えて。

お客様との触れ合いが大切だし

知って貰わないと前に進めないし。

体も動かすし

頭も常に考えて

戦っていかないといけません。

まだ梨シーズンも終わっちゃないですが

ようやく終わりが見えました。

今年も多くの皆さんにお世話になったシーズンでした。

特に梨のシーズン

あたご梨・ヤーリーの文化は

僕たち石原果樹園が頑張らないと

終わってしまう気がしてならない

いつも危機感があります。

農業人生は

死ぬまで続きますが

常に危機感をもって

変化していきます。

人にフルーツに喜んでもらえるように

自分を捨てて

考えられれば

自ずと答えは見えてきます。

終わっていないですが、、

今シーズンも大変お世話になりました!

Merry Christmas !🎄✨

動け自分

12月17日午前5時。

市場出荷。

クロネコ出荷。

ご注文メールも

全て返信させて頂きました。

ーーーー

まだ梨は在庫がありますが

この1週間でかなりのご注文を頂いて

あと一週間で終わりが見えてくると思います。

いつもこのお歳暮シーズンは

たった1か月で

この多くの梨を

どうやってお嫁に行かせるか

かなりのプレッシャーですが

皆様にご協力頂いて

今年もどうにかなりそうです。

農業は1人では出来ません。

強く感謝の日々です。

ーーーー

梨の大きさによっては

ご注文をストップさせて頂いています。

年末までに出来るだけ売り切りますので

ご注文はお早めに頂ければ幸いです。

http://www.ifarm.jp/nc/index.html

ーーーー

今年も試食販売をさせて頂いて

世の中の変化を

色々と感じる事が出来ました。

農業や果物栽培は

簡単には物事が進まずスローで

どうしても世の中の流れと

離されてしまう事があります。

ーーーー

世間と

人と触れ合えば

少しでも世の中変化が分かるので

この年末の試食販売は

とても貴重な時間です。

ーーーー

今年も残り2週間。

一年が一瞬で

自分の命も一瞬です。

僕はパソコンを凄くしますが

パソコンを触ってる時間は

お客様の為にも

大切ではありますが

あまり記憶に残らないです。

アメリカ農業研修や

自分が一生懸命動いて

チャレンジした時間が記憶に残ってます。

ーーーー

出来るだけ人の為に動けていれば

自分が死ぬ時に

少しは良かったと

思えるんだろうなと

農業を通して

自分が実感出来るように

社会貢献していきたいです。

ーーーー

先日1日に5回ぐらい

朝から晩まで

マジかー!信じれんな。

世の中どうなっとんねん!

と、

いつもは温厚な僕も、、笑

イライラして

穏やかでない1日がありました。

ーーーー

でも嫌な事があって

ああだこうだネガティブに思う

時間があるってのは

自分の時間の使い方

心の使い方が下手なんだろうな。

ーーーー

人を否定する前には

自分に少しでも問題があるんじゃ無いだろうかと

探した方がいいな。

嫌な気持ちになる時間があるなら

#動け自分

が最近のテーマです😊

でもたまには叫びたい笑

石原果樹園×TFTテーブルフォーツーへの想い

 
既に多くのお客様にご協力頂きまして
 
強く感謝しております。
 
今年からスタートしました
 
フルーツ食べて世界貢献
  
【FRUITS FOR TWO】プロジェクト!
    
 
—————–
 
『石原果樹園×TFT』のコラボに
 
辿り着いた想いなど
  
書かせて頂きます。
 
 
海外志向の強い
 
人に喜んで頂きたい
 
妄想癖の強い
 
僕はかねがね
 
『アフリカで農業で貢献出来たら』
 
と思っていました。
 
 
『でも今アフリカで農業するとか
 
なかなか現実的では無いなー。
 
アフリカで僕たちが得意なジャンルの
 
フルーツをうまく作れるイメージも無いし。
 
お歳暮やお中元のある日本のマーケットとも違うし。
 
 
何より日本でもっともっとがんばらないといけないし』と。
  
海外で挑戦してきたからこそ
    
日本でどう集中するかの気持ちも持っています。
   
出来れば将来JICAシニアボランティアにでも
 
参加できたらなー。と妄想してました。
 
 
ーーーーーーーー
 
そんな中、今年
  
岡山の果物農家は
  
観てしまったんです。。
 

カンブリア宮殿。2017年2月2日
  
『食でアフリカとアジアの子供たちへ貢献』
 
『20円で世界を救う』
  
テーブルフォーツーって、なんて凄い仕組みなんだ。
 
今まで全く知らなかった。
  
これは世界を根本的にいい方向へ変える力がある。
          
それでいて気軽で楽しく
   
社会&世界貢献できる。
 
 
      
今までの僕の想いと
  
石原果樹園でやってきた事  
   
TFTさんのプロジェクトがリンクして
  
かなりビビッと。
 

僕にはやりたい事がいっぱいあります。
 
今は42才で、もう半分生きましたし
 
残りの自分の命を使って
  
何が出来るか
  
いつもいつも考えて
  
常に焦っています。笑
  
でもそのアイデアは
 
心の中でしばらく経つと
 
消えてしまう物も多いです。
 
今回は自分の気持ちは本物かと
  
やるからには続けていきたいと
   
一週間
 
一ヶ月
 
心の中で確認しました。
 
 
本も読んだりして。
 
日本の20円はアフリカだと
 
何十倍の価値になります。
    
家でご飯を食べることの出来ない子供たちも沢山います。
 
      
給食を提供する事で
 
学校の授業に集中出来たり
  
ただお腹を満たすだけでない
  
子供たちや世界の未来
    
社会的に多くの効果がある事が
   
よくわかりました。
 
日本では分からない
 
現場へ行った人でないと感じられない感覚だなと。
 
  
そしてTFTさんへ連絡させて頂きました。
    
恥ずかしながら
    
そのメールを下記にコピペさせて頂きます。
 
 
ーーーーー
  
 

TABLE FOR TWO 御中

 

初めまして。

岡山県の石原果樹園、石原直樹と申します。

 

先日のカンブリア宮殿の放送に感銘して、初めてご連絡させていただきます。

 

私は岡山で果物農家をしていまして、ぶどうと梨を中心に栽培しています。

家族やスタッフ皆さん、研修生、パートさんや学生スタッフと共に営業しています。

 

贈答果物の出荷と果物狩り

ぶどう狩りや梨狩りが中心で、7月中旬~11月中旬の果物狩りシーズンには

国内外からお客様にお越し頂いております。

 

果物狩りは食べ放題ではなく、フルーツガイド制にしておりまして

例えばぶどうはおひとり様1パック200gほどを提供して

 

ぶどうの品種紹介や栽培方法など

大切な農業の意味もお客様に伝えて

少しでも食育につながればと思って経営しています。

 

私は現在42歳です。

20年前は海外で農業研修していまして

多くの方にお世話になりましたので

農業を通じて、社会貢献したいと常に心掛けています。

 

私たちはメニューを作るとかではありませんが

例えばお客様お一人様の入園料のうち20円を

TFT様へ募金できたらと思っています。

 

今年度は果物狩り入園料(試食付)を

大人700円、12歳以下500円で営業する予定です。

 

お客様に試食を提供して

『皆さんが果物を1パック召し上がってくださって

アフリカでは子供たちが1食給食を食べられるんです』と

説明できれば、きっとお客様も喜んで頂けるし素敵だなと。

 

ホームページなどで『何食になりました』とお伝えできたり

僕たちの地道な果物栽培も、アフリカの子供たちの為に

少しは役に立てていると思えれば、やりがいがありますし。

 

私たちは寄付できるシーズンが3か月ほどと限られていますが

もし出来れば、TFT様にわずかですが、ご協力できればと思っております。

 

それを放送以来、ずっとイメージ(妄想)してきました。笑

 

何卒ご検討頂ければ幸いです。

宜しくお願い致します。

 

石原果樹園 石原直樹

 
 ーーーーー
 
んな感じで
 
やっぱハズイっすね。。
 
 
それから何度もメールをやり取りさせて頂いて
 
TFTさんへも快く承諾して頂きました。
 
 
TFTさんは都市部では有名ですが
 
岡山ではまだあまり知られてないと思います。
 
 
僕たち石原果樹園が少しでも
 
広げていけたらとも思っています。
 
ーーーーー
 
それともう一つのきっかけが
 
昨年、熊本地震で
 
初めて募金活動をさせて頂いて
 
多くのお客様にご協力を頂いた事です。
 
 
僕は学生時代にボランティアなどを
 
してこなかった人間です。
 
岡山の方がどのぐらいボランティア精神があるのか
 
全く体感してきませんでした。
 
 
 
岡山はシャイな方が多く
 
よく『閉鎖的・排他的』などとも言われます。
  
でも僕たちの周りはいい仲間ばかりですし
 
その風潮に負けちゃいけんといつも思っていました。
  
熊本への募金で多くの大切なお気持ちを頂いて
  
なんて岡山の皆さんは暖かいんだと。
   
自分の感覚が間違ってたなー。
  
と強く思いました。
   
先ずは自分が人を信じないと
 
何も始まりません。
 
 
果物王国でフルーツ農家であるって事は
 
『僕たちは岡山を代表する仕事をしている』って事です。
 
大切な故郷岡山のイメージを
 
より良くしたいと思えば
   
盛り上げていきたいと思えば
 
先ずは自分が努力するしかありません。
  
 
食ほど身近で
 
農業ほど根本的に
   
人を支えるものは
 
なかなかありません。
 
そして果物や農業の
 
大きな役割のひとつは
  
【人に喜んで頂くもの。人と人を繋ぐもの】って事も
 
よくわかっています。
 
 
僕たち石原果樹園×TFTで
 
お客様・多くの皆様のお力を頂いて
 
少しでも社会貢献できるよう
  
故郷と世界と繋いでいけるよう
  
農業の可能性を切り拓けるよう
 
チャレンジしていきます。 
 
 
まずは今年のフルーツシーズン。
  
僕たちとお客様の想いを
 
アフリカやアジアの子供たちへ
  
繋げて行けたら幸せです。
 
 
皆様のご協力を何卒宜しくお願い致します。
   
2017年7月21日
 
石原果樹園 代表 石原直樹
 
 
 
 
 
テレビ東京ビジネスオンデマンドの有料放送ですが
 
これをご覧頂ければ嬉しいです。
 
僕たちの想いが良く分かって頂けるかと。
 
とてもいい放送です。
 
石原果樹園のiPadでも
 
ご覧頂けるようにしていますので是非。

MADE IN ブラザーズ始動!

アメリカ再訪ネタを執筆中なんですが

 

その前にどうしてもブログに残したい事を。


我らアメリカ農業研修生同期は

 

日本中に100人ほどいます。

 

今年で帰国20年です。

  

みんな農業でも、他分野でも活躍していまして

  

仲間の活躍が刺激的で

 

誇りです。

 

僕も就農して、今年で20年を迎えます。

  

松井秀喜世代、s49年生まれの寅年

 

僕たちは現在42才。

 

あっと言う間

 

一瞬で過ぎた20年でした。


僕が農業やってて幸せだと思う時は

 

色んな場面で訪れるのですが

 

広大なアメリカで共に戦った仲間たちが

 

石原果樹園へ訪れてくれたりすると

 

泣けるぐらいに感動します。

 

『俺たち何も分からない大地で

 

汗水流して戦ってたのに

 

日本でもみんな頑張って

 

家族が出来て

 

可愛い奥さんと子供さんと

 

果物狩りに来てくれる。

  

この仕事しててホント良かった』って。


そんな仲間に恵まれた僕が

 

一番尊敬している農業者が

 

岐阜県の原木しいたけ農家

 

しいたけブラザーズの

横田千洋です。

https://youtu.be/xfkNDJhWZ50
 

彼の真っ直ぐさ、正しさは、優しさは

 

ホント凄くて

   

特に愛知や岐阜の中京方面では有名人で

 

一般の農家なのに

 

『一緒に写真撮って下さい』と 

 

声かけられたり。

   

僕たち農家は

  

人の命や生活

 

コミニケーションの為に生きるという

  

有形では無い 

 

大きな役割を担っています。

 

そういう気持ちが横田とはよく合います。

 

男の中の男、天然なトコもあって

 

『ドラゴンボールの孫悟空』 って

  

僕の勝手なイメージです。笑


一昨年には彼の夢の一つだった

 

本も出版されたので、是非皆様に読んで頂きたいです。

 

ドラマチックで感動します。

 

漫画スラムダンクのストーリーモデルの

 

一人という

 

ホントアツイ男です。

 

そんな彼が今年

  

しいたけブラザーズから分社化して

 

独り立ちしました。

  

 その名も

 

MADE INブラザーズです。 

 

ロゴも自分で考えたそうで

 

日本を背負う感じで

 

彼の覚悟が伝わります。

 

しいたけブラザーズは皆さん子沢山ですし

 

将来を考えての新しい挑戦です。

まだウェブサイトもありませんが

 

直ぐに広がっていきます。

 

彼の原木しいたけは、品質が突出していまして

 

帝国ホテルや三つ星レストランなど

 

すでに飲食業のお客様がとても多いので

 

一般に広く販売出来るのには

 

時間がかかるかもしれませんが

 

直売所も準備しています。

僕は政治家にならなくても

 

人の心

 

体を

 

芯から支える農業で

 

世界をより良く変えていけると信じています。

 

農業だから出来る事

 

農業じゃないと出来ない事ばかりです。

  

彼の真っ直ぐさが

 

更に日本の為に

 

広がっていく事を

 

楽しみにしています!