アメリカ再訪2016Day1st後半 3月13日岡山→羽田→成田→シアトル

もう昨年の話ですが

 

2016年3月13日〜4月6日まで

 

アメリカへ行ってきました。

 

僕は1995年から2年間

 

20〜22才まで

 

アメリカ西海岸で

 

農業研修をしていました。

 

そのせいでアメリカには特別な思い入れがあり

 

友人、恩人もいて下さって

 

数年ごとに訪米しています。

 

僕は田舎で岡山の生まれ育ったので

 

子供の頃は海外に興味がなく

 

 「どーせ将来岡山で農家やるのに

 

なんで英語勉強せんとおえんのん」

 

中学、高校と英語嫌いで

 

農家に生まれながらも

 

あまり農業が好きではなく

 

農業の意味もよく分かっていませんでした。

 

学校もずっと岡山だったので

 

初めての外の世界がアメリカなんです。

  

農業研修へ行ったおかげで

 

アメリカの素晴らしい方々

  

意識高い日本中の仲間たちと出会い

 

大きな経験をさせて頂きました。


生きていく意味や農業のカッコよさを

 

大きな世界で経験したからこそ

 

ポジティブに生きていけるのかもしれません。

 

今は岡山県の海外農業研修生のOBやOG仲間と

 

毎年大学を訪れて

 

海外農業研修のPR活動もしています。

 

好きではなかった

 

海外と

 

農業に救われてる人生です。

 

僕たちJAECのネットワークは日本中

 

そして
 

海外へも広く繋がっています。

  

今では石原果樹園にも

 

海外からのお客様が多くいらっしゃいますし

 

『俺もし海外研修に行ってなかったら

 

この全ての人間関係が無いと思うと

 

想像出来ない程に怖い』と。

  

今回は特別なご招待も頂いて

  

それを中心に予定を立て

 

5年ぶりにアメリカへ行ってきました。

 

全25話ぐらいになると思いますが

 

ツアーでは行かない行程が殆どです。

 

農業は人の根底であり

 

アメリカの核心部分でもあります。

   

テレビでは決して見られない

 

少しでもリアルなアメリカも

 

お伝え出来ればと。

   

 そして

 

少しでもJAEC海外農業研修生が

 

増えればいいと思って

 

研修を知って頂ければいいと思って

 

書かせて頂きます。

 

てか、アメリカで遊んできたのを

 

書くだけです。。笑

  

人を繋げ

 

繋げてもらう

  

農業あってこその出会いに感謝して

 

イキマス。

 

石原果樹園 石原直樹

ーーーーーーーー

 2016年、新年あけて

  

色々と準備しました。

 

飛行機チケット、ESTA申請

 

レンタカー予約、国際免許証。

  

二泊ぐらいしか使わないけどホテル予約。

 

色んな方に再会するんで

 

特にお土産の準備が大変でした。

 

今回は飛行機チケットは小田急トラベルさんに

  

手配して頂きました。

 

僕はアメリカ国内移動もしますので

 

ネットで予約すると情報が逆に少ないので

 

ホテルとの組み合わせプランもあったりもする

 

情報が多い旅行会社さんに相談します。

 

この時期、関空からシアトル便が無かったので

 

今回は成田から出発にしました。

  

出発前はあえて徹夜です。

 

飛行機で寝て

 

時差ボケをあまり感じさせない

 

あっちゅう間にアメリカに着く作戦です。

今回は石原果樹園元スタッフの小林くん【左】と

 

もう一人成田で合流して3人で旅立ちます。

 

小林くんは僕たちが紹介して

 

アメリカでファームステイさせて頂いた事があります。

ブラジルへ2カ月農業研修へ行ってきたばかりの

 

果樹園スタッフの春山くん【右】に

 

岡山空港まで送って貰いました。

 

春山くん、石原果樹園をしばらく任せたぞい。


まずは岡山空港から羽田へ。

 

春山くんがテラスで見送ってくれました。

 

流石やわ笑。


1時間ちょっとで

 

岡山から羽田へ着きます。


羽田でスーツケースをピックアップして

 

リムジンバスで成田へ。


成田も久しぶりじゃ。

 

小林くんは工学部なので

 

メカが気になります。

デルタ航空のカウンターへ荷物を預けて

 

ご飯でも食べながら時間を潰そう。

タカと合流!

 

タカはアメリカ研修生の後輩で

  

静岡でミカン農家をされています。

 

アメリカ農業研修生は

 

アメリカ各地に配属されるのですが

 

僕の働いていた農場と

 

同じ農場で働いていた

 

モロ後輩です。

 

ゲートくぐっていよいよです。

 

小林くんとタカは

 

一緒に農業展示会で働いて貰った事があります。

国際空港って、当たり前なんですけど

 

色んな匂いがして

 

すでに外国人も多くて

 

異空間で好きです。

関空からシアトルまで

 

行きは9時間かかります。

デルタ航空。

日本では公開中の映画も見れて

  

飛行機の進化も凄いっすね。

行ってきやす。

飛行機の中で喉乾いたらと思って

 

水持ちこんだんですが

 

それは心配無いほどに

 

デルタの水分サービスは凄かったです。

飛行機で寝ようと思ってましたが

 

色んな映画を観てしまいました。

機内食で少しはアメリカを感じつつ。

これからしばらく、アメリカ飯なんだなと。

いよいよ近づいてきたー。

ワクワクします。

もう就職も決まった小林君とは

 

きっと最初で最期の一緒の旅やね。

はいー、シアトル来たでー!

 

雨天の多い町なんで

 

曇り空が迎えてくれました。

はーい、無事着陸!

 

ナイス機長!!

 

さあこれから5年ぶりの

 

アメリカ旅がいよいよ始まります!

2011年3月11日の事。

いよいよアメリカ再訪が来月に迫った。

チケット、レンタカー、国際免許、ESTA申請、お土産。

準備も着々と。

5年ぶりのアメリカ。楽しみになってきた。

——————————-

5年前のアメリカ。

2011年3月11日

僕はその日をカリフォルニアの西海岸

サンルイスオビスポで迎えた。

その時もアメリカの再訪問の日々を楽しく過ごしていた。

SONY DSC

突然

インターネット、テレビから流れる

映画のような現実感が無い映像。

テレビでは日本人留学生のインタビュー。

津波がどう襲ったかの3Dでのニュース映像。

日本がここまでアメリカのテレビで

注目されたのは初めて見た。

『日本はどうなのか?岡山はどうなってるのか?』

強烈な心配が襲ってきた。


SONY DSC

11日の朝、先生夫妻と近くの海岸へ向かった。

SONY DSC

アメリカの西海岸線へも来るかもしれない

津波に警戒してヘリコプターが飛んでいた。

モロベイという美しい場所。

SONY DSC

多くの人が集まって海を見ていた。

SN3O0743

海岸線が引いて、船が底をついていた。

『こんな光景は見たことない』

アメリカの先生は言っていた。

SONY DSC

これからアメリカにも大津波が来るかもしれない。

その午前中は海岸近くが立ち入り禁止になった。

SONY DSC

近くの見渡せる海岸では大きな波が来ていた。

そしてすでに近くまで波が来た跡があった。


SONY DSC

サンドイッチ屋さんでのニュースも

SONY DSC

もちろん新聞も

どこへ行っても日本の震災の事ばかり。

当時も始めたばかりのFacebookで

アメリカの農業を派米研修同期の友人へ発信してた。

でも3月11日から何も書けなくなった。

アメリカ友人と再会して幸せでも、それを書いていいのか。

もちろんモヤモヤして、心から楽しめなかった。

俺はアメリカを楽しんでる場合じゃなくて

募金活動をするべきなんじゃないかって。


SONY DSC

会うアメリカ人全ての方が

『I’m sorry』

『日本では地震と津波があって。多くの方が犠牲になって

お気の毒に。あなたの家族は大丈夫❓』

と言って下さった。

『僕のホームタウンは日本の西側だから大丈夫です。ありがとう。

16日に帰国します。日本がどうなっているかとても心配です』

と何度も何度も答えた。


3月16日。

帰国する当日の朝。

心友ケーシーの家で朝食前にお祈り。

小さな女の子エマが祈ってくれた。

SONY DSC

『日本では地震と津波があって、とても大変だけど

少しでも大切な命が救われますように』

三人で輪になった手をグッと握った。

きっとアメリカのあらゆる場所

世界のあらゆる場所で

日本への祈りがあるんだと感じられた。


SONY DSC

帰国して、岐阜の心友しいたけブラザーズの横田千洋が電話してくれた。

『イシハラ!お前アメリカで大丈夫だったのか!』

『イヤイヤ、俺が一番安全な場所にいたっちゅうねん。

横田はみんなは大丈夫か?』

他にも何故か仲間が心配して何人も電話してくれた

みんなホントありがとうね。


原発に近い栃木の牧場の後輩も無事だったけど

とても大変な状況だった。

いざというときに溜めていた物資で

周りの農家みんなを助けてあげていた。

僕も少しばかりの物資を送った。

みんなでFacebookや電話を活用して日本中にいる

アメリカ農業研修同期生の無事が分かった。


あれから5年。

やっとその日の事が書ける気持ちになった。

アメリカにいたからこそ、感じた多くの事。

忘れちゃいけない。

世界の人の温かさを。

忘れちゃいけない。

どれだけ日本が愛されているかを。

そして

これからもずっと

世界から愛される

日本でありたい。

Jeff & Jeni Day 1st in Okayama

アメリカ時代のホストファミリーの孫のジェフが

来月の婚前ハネムーンでジェニちゃんと

岡山に訪れてくれました☆

Jeffが日本に来るのは8年ぶりです。
http://www.ifarm.jp/blog/2008/05

メッチャいい子のジェニちゃんと見つめあって

流石にCaliforniaボーイはやりよります☆

————————–

倉敷の美観地区はとても賑わって

『インディゴの恋人』のおかげやな。

と勝手に思っておきました☆

あっ、インディゴの恋人

3月21日BSプレミアムで再放送あります!

http://www.nhk.or.jp/okayama-staff-blog/100/236986.html

—————————-

前に来た時は19才の若造だったのに

Jeffはしっかり大人になって

わざわざ岡山に来てくれて

ホント嬉しいです!

vignetteの宮地さん、素敵なお気遣いをありがとうございます!

とても美味しかったです!感動です☆

IMG_1960 IMG_1961 IMG_1962 IMG_1967 IMG_1968 IMG_1970 IMG_1976 IMG_1978 IMG_1980 IMG_1982 IMG_2006 IMG_2011 IMG_2016 IMG_2018 IMG_2032 IMG_2037 IMG_2039 IMG_2040 IMG_2041 IMG_2044 IMG_2047 IMG_2049 IMG_2052 IMG_2056 IMG_2061

『アベイちゃんの事』

この3月に5年ぶりにアメリカへ行くことにしました。

特別なご招待も頂いて、それにかこつけしばらく行ってきます。

果樹農家の範疇を超えて、長期間行ってきます。。

殆どホテルには泊まらず

友人、先生、先輩にホームステイさせて頂きます。

下手な英語を駆使して

アメリカでお世話になる皆さんに連絡しています。

『私たちの家はあなたの家よ!』なんて言ってくれて

行く前から感動しています。

——————-

なんとか大まかな予定は決まって

今回は一人で行く訳でもないので

ワイワイと盛り上がりそうです!

またアメリカで色々と学んで、日本に帰って生かすつもりです。

アメリカ農業研修を終えて、これで5回目の訪米です。

こうやって海外にも帰る場所があるって事はとても幸せです。

人にとって何が大切なのか、多くの出会いから学ばせて頂きました。

———————-

僕たちJAECアメリカ農業研修生はまずワシントン州の

コミニュティカレッジに入って勉強します。

とても厳しい研修ですので、日本でかなり体力も鍛えて、気合もメッチャ入っていました。

初めての海外生活。僕はホームシックにはならなかったですが

地元岡山の多くの友達が一気に周りからいなくなったので

フレンドシックにかかったのを覚えています。

『いきなり地元の友達がサプライズで現れてくれたらいいのに』って

しょっちゅうおもっていました。

そんな僕たちの大学生活を助けてくれたのが

アベイちゃんでした。

12650812_1101125346578878_1123096560968792661_n

———————-

アメリカに野球留学をしていたアベイちゃん。

スラッとスポーツマンで、もちろん野球もメッチャうまい!

英語もスラスラ話せて、こんなに出来る男前なのに

全く鼻にかけず、100人いた僕たち農業研修生のアニキ的存在でした。

アメリカへ来たばかりの心細い僕たちがとてもお世話になった

彼のおかげで和らぎました。

img076

研修生と一緒になって盛り上げでくれて、とても助けてくれて

唯一の同年代の日本人。僕たちみんなの恩人でした。

———————-

そんな出来る男、アベイちゃん。安部井寛さん。

考えられないほどの努力、キャリアを積み重ねました。

アメリカで日本人メジャーリーガーの通訳もこなして

日本で星野監督のもと、阪神タイガースで通訳もして

そして今は

楽天ゴールデンイーグルス、チーム統括本部部長

球団の大黒柱です。

http://www.rakuteneagles.jp/news/detail/3839.html

正しい努力は必ず報われる。

 

カリフォルニアから

2月10日に始まった春山くん、山田君のアメリカ生活も残り僅か。


ワシントン州のワパトの滝さんの農場でファームステイさせて働き
現在はカリフォルニア州のサンルイスオビスポの慈子先生とデル先生宅で
2週間のホームステイ中。


先日、滝さんにお礼の電話をして色々とお話しさせて頂きました。
素晴らしいお人柄!


滝さんは近畿大学出身との事。
http://www.junglecity.com/hottalk/008.htm

海外で活躍されてきた、素晴らしい日本人の大先輩が多いからこそ

今の日本は信頼されています。

 
慈子先生&デル先生宅にも電話して、春山君山田君とも話しました。

僕が最高に愛するHighway1の景色。

537934_217080808399675_100002932723020_399334_1679030097_n

4時間以上の太平洋ドライブも満喫!!
『サンルイスオビスポ、良すぎます!!』
でしょう、でしょう☆


滝さん、吉永さん、慈子先生、デル先生。

メリカに住まれている皆さん
『社会貢献、若い世代に!』というお気持ちが強いです。
とてもとてもありがたいです。

20110926-06_thumb

昨年9月に出会った彼ら。
初めてのアメリカチャレンジ。


自分たちでも今までに無い努力をして
僕のしつこいプレッシャーにも負けず、ここまできました。


20110926-50_thumb

春山君、山田君も信じられない経験、出会い、色んな失敗もしたと思います。


失敗するって事はそれだけチャレンジしてるって事。

感謝できる気持ちがあれば、全ての失敗も、これからの人生に生きてきます!
もっともっと出会いが広がります。

427589_209720622469027_100002932723020_377528_480272690_n

彼らに続いて、『短期間でもアメリカ農業へ挑戦したい!』と自分で思う
日本代表としても恥ずかしくない、感謝できる、いい魂の若者がいれば!


これからの日本&世界の為にも
皆さんにお願いして、繋げていければいいと思ってます。


僕も多くの経験、失敗をしてきました。
いっぱい怒られてもきました。(今でも失敗しまくりですが。。)


その全てが、皆さんの愛情、気持ちあってこそです。


『人生は出会いと経験。感謝できる気持ちで形成される』と思っています。

4月2日帰国予定。


二人とも気を付けて帰ってきなさ~い(^_^)b

546015_217081078399648_100002932723020_399335_451574590_n