ラッキーありがとうね。

石原果樹園のぶどうシーズンが盛り上がってるところ

悲しい報告で申し訳ないのですが

とても大切ですので書かせて頂きます。

2017年7月28日金曜日夜

我らが石原果樹園のメンバー

ラッキーが虹の橋を渡りました。

2005年の5月の写真です。

ラッキーはもともと迷い犬で

このころ石原果樹園の周りを

ウロついていまして

僕たちがフードをあげていて

いなくなるだろうと思っていたら

ずっと居ついて

いつの間にか

石原果樹園のメンバーに

のし上がりました。

2002年から僕が飼い始めた

ボーダーコリーのマックスは男の子で

ラッキーは女の子なんですが

後から加わったにも関わらず

マックスより偉そうにして

女子の強さを見せつけてくれていました。

やたら人懐っこくて

ツンデレで。

捨て犬なのか

飼われていたのか

警察にも一応問い合わせてみましたけど

何も分からなくて。

最初は飼ってるつもりは

無かったのですが

どんどん僕たちと距離感を縮めってて。

愛情に飢えていたのか

洗ってあげたり

毛を切ってあげたりすると

嫌がらずじっとしてるんです。

いつまでも撫でて欲しいって感じで。

お客様と一緒にブドウ狩りを楽しんだり

ちゃっかりしてたり

スタッフのみんなも

『もしラッキーが亡くなると

私メッチャヤバイです』って

言ってくれるようになったり。

僕たちの心に

いつの間にかいてくれる存在でした。

ラッキーは自転車やバイクだけには

やたら吠えて

諦めずにすっと吠えて

僕たちも

『ラッキーは俺たちに出会う前に

よっぽど嫌な想いをしたんだろうな』

って

彼女に優しく接するように

してきました。

そしてそんなラッキーを

好きでいて下さる

暖かいお客様と

楽しい思い出がいっぱいです。

最近はホルモンバランスが崩れていたのか

毛が抜けたりして、何度も病院に通っていました。

それでもこんなに急に亡くなるとは

マックスより先にとは

思ってなくて。

もっともっと僕が丁寧に見てあげられてたらと

後悔が大きすぎます。

ラッキーが亡くなった

7月28日金曜の夜は

週末へ向けて

僕は直売所の前のぶどうの手入れを一人で

夜9時ごろやっていました。

そして直売所の中のゲージのラッキーをみたら

いつもと違う感じで

呼んでも反応なく

抱き上げて

まだ暖かくて。

それがほんの少しもの救いで。

朝気付くんじゃなくて

近くにいてあげて良かったと。

ずっと抱いて

撫でて

ありがとうねって。

ごめんねって。

かなり泣けました。

今晩は寝られないだろうし

ラッキーを夜ひとりにするのも

離れたくもなかったので

バカみたく夜中に

一人で花壇の手入れもして。

朝までかかって

夏バージョンの花壇にしました。

『バカみたいにこんな夏の夜中に

花壇作ってるの

日本で俺だけだろーな。

なんて怪しいヤツ』って。

ラッキーも苦しかったのにとか

考えると

なんだか寝てらんなくて。

変に体が動きました。

何だか恐ろしいほど集中して

キレイな花壇が出来ました。笑

土曜日の午後には

荼毘に付しまして

『帰ろうね』って、話かけながら

一緒に石原果樹園に帰ってきました。

使うはずだった薬やフードやゲージや

ラッキーの物を片付けながら

何をしてあげる事も出来なくなるって

ほんと悲しくて。

親にも

周りのみんなにも

健康でいようぜ

長生きしてねって。

ラッキーの為にもって。

つくづく。

こんなブログ書くと

ホント泣けちゃうんですが

ラッキーの事を好きでいて下さる

お客様や

スタッフみんな

元スタッフみんながいてくれるので

感謝を込めて書かせて頂きました。

ラッキー

石原果樹園に来てくれて

ホントありがとうね。

これからもずっと大好きだよ。