『しっとり純生 梨のドライフルーツ』販売開始!

皆様お元気ですかー?1月も下旬になりましたがぁ~、しつこく僕はダラダラとしています!

今日から『大寒』って事で、いよいよ寒いですので!しっかり食べて、しっかり寝て風邪にはお気をつけ下さい。

110120-9

梨も出荷もほぼ終わりまして、今はちょっとだけ残っている家庭用のあたご梨を直売しています。

そして!『梨のドライフルーツ』を少しだけ販売しております!

110120-01

そうです!今シーズンから石原果樹園は加工品を始めました。

僕は加工には興味があって、実は色々と挑戦してきたのですが、『果物ってそのまま食べた方が絶対美味しい!』と思ったり、この忙しいのに誰が作るんだ?と問題もあって、商品化は控えてきました。

そして例えば『なんでこの加工品を作ってるんですか?』と尋ねられた時などきちんとした理由で答えられるように、『新しい事を始めるには、意味や物語が無いといけない』と思っています。

110120-4

このドライフルーツは海外農業研修から帰ってきた、石原果樹園の新しいスタッフの中野さんが始めた技術です。

ちょっと特別な方法で仕込んでいます!

それと加工キングの『しいたけブラザーズ』の横田も彼の日記でほめてくれたのが

110120-5

原材料は『梨』って事です。砂糖など添加物や保存料を使っていません。

これで賞味期限は3カ月間。本当は半年ぐらいは持つそうです。

梨そのままを、新しい形でのメッセージとして伝えられる!これはいい!!とゆ~事で始めました!

加工と言えども、出来るだけ青果の味を損なわないように!自然に高める方法ですので、あまり加工って意味合いは少ないと思います。そこが自分でも納得しやすいです。

110120-03

今年は年末のハピータウンや天満屋での試食販売に持って行きました。

そして多くの方にドンドン試食して頂いて、皆さんのご意見を聞きました。

あえてセミドライに仕上げているので、少ししっとりしています。『梨チップス』とだけ表記していると、カリカリっと揚げた感じのイメージで食べた時に『湿気てる』思われたりしましたので『しっとり』とか『半生』ってPOPを訂正したり。

良く言われたのが『ドライフルーツってあんまり美味しくないけど、これは凄くいい』という事です。僕も後になって調べたんですが、既存のドライフルーツって砂糖まみれの商品が多いんですね。

110120-02

『とにかく今年は食べてもらう年にしよう!』と、ドライフルーツの試食を出しまくりました。試食が足りない時は商品も使いました。

岡山はブドウや白桃は県外にも有名ですけど、日本一の生産量である『あたご梨』やこの雄神地区だけの『ヤーリー』はまだまだマイナーです。

この梨のドライフルーツをきっかけに『岡山にこんな梨があるんだ』と少しでも知って頂ければそれでいいんです。

試食は農業を知って頂くきっかけ、子供さんに対しては食育だと思っています。

そう思えばお客様の信頼して下さいますし、いくら子供たちに試食を食べられてもへっちゃらです☆

僕は試食販売は『売れなくてもいい』と思っています。売ろう売ろうとするのは、あまり好きじゃ無いんです。買って頂かなくても、食べて頂くだけで凄く意味があります。

110120-7

あたご梨やヤーリーのドライフルーツは、世界初の試みかもしれません!

山陽新聞さんが取材に来て下さったり

110120-8

昨日は山陽放送の荻田さんが、ラジオ取材で生中継して下さいました。

早速『きょうのラジまる』に掲載して下さいました。

新聞やラジオで紹介され、あっという間に多くのご注文を頂いています。メディアさんの力は物凄いです。

農業ってホント一人じゃ出来ないって言いますか、本当に色々な皆さんのお力に支えて頂いています。僕も岡山や農業に少しでも貢献したいと、取材は出来るだけ受けさせて頂くようにしています。

そして『私ドライフルーツ好きなんです!』と仰られる方!なんて言いますか、ドライフルーツ層がこんなに多いとは思ってもいませんでした。

『しっとり感がいいね~!』

『後から後から甘みが来るね~!』

『これはワインやブランデーに合う!』

『子供に果物を噛ませて食べさせたいから丁度いい!』

最初は『売れ残るかな~』と思ってボチボチやっていましたが、今では商品が足りないです。

110120-10

最終的にネーミングは『しっとり純生 ドライフルーツ』にしようかな~なんて思っています☆

1袋60g入りですが梨一玉ぐらい使用していますし、これを作る手間やコストが結構高いので、そのうち価格を上げるかもです。本当は上げたくないです。。

ドライフルーツは残り少ないですが直売していますし、全国発送も可能です。

お問い合わせは086-944-0117(石原果樹園)にお願いいたしますm(__)m

—————————————-

それでは最後に~

110120-6

今回のドライフルーツの件でもすごく助言してくれた、岐阜の親友!しいたけブラザーズの紹介を!

もうええっちゅうぐらい紹介していますけど。。

横田千洋は親友ですし、彼のファンなんです☆

今回はなんと新商品の『しいたけ飴』も送ってくれました~!

しいたけの味がする~!初めての食べ物です☆これは面白い!

110120-11

去年の10月初旬には『原木まいたけ』を送ってくれました。

それをマイタケご飯とお吸い物にして食べたのですがぁ~!

110120-12

もう衝撃的な美味しさでした!スタッフみんなで大感動しました!

一年に一瞬しか収穫できない貴重な舞茸なんですが、これは是非とも皆さんに一度召し上がって頂きたいです!

もの凄く手間をかけて、原木で育てる横田のキノコはまさに『木の子』です!

以前のブログでも紹介しましたが、横田は『人の為に生きる』とか『農業や自然の重要性を伝える』とか、社会貢献の気持ちがすごく強い人間です。

農業や社会に対しての気持ちが僕とすごく近いですし、そんな彼が多くのお客様の支持を頂いて活躍している。

『同じ志の横田がいるから、俺もやっていける』と思わせてくれます。

しいたけブラザーズでは生シイタケの注文も始まりました!冬のしいたけはゆっくり成長するので、肉質や旨みが凝縮されているので最高だそうです!

↓ご注文はウェブから

http://www.shiitakebrothers.com/index.html

山アワビ、しいたけまん、からしっ子、干ししいたけも凄いです!生しいたけは凄い美味しさです!

横田
のブログもやたら熱いですよ~!

今年は出来れば岐阜の彼の農場へ視察に行こうと思っています!

2010年ありがとうございました。2011年も宜しくお願いいたします。

ブログでは大変ご無沙汰しております。石原果樹園の石原直樹です。

0102

2011年も始まりまして、本年も何卒宜しくお願いいたします。

暦も『小寒』でしばらく寒さも続きそうです。皆様お元気でいらっしゃいますでしょうか?

1226

今年の年末の梨出荷も激しく忙しかったです。

遅霜、水不足で収量も減で、多くのご注文に対し商品が足りず困りました。

こんな年があるとは思ってもいませんでしたが、温暖化でこれからはこんな年ばかりかもしれないと思っておかないといけません。

1212

そしてあたご梨もホンの残り僅かを直売所で販売しているだけです。

僕は駆け抜けたブドウ&梨の出荷シーズンもほぼ終わりまして、例年の事ながら、この1月初旬は超ボーッっとしています。こんなにも!と賑わっていた果物狩りシーズンと打って変わって、陰のシーズンです。

今まで撮りためた映画やテレビ番組を観て、一日部屋でダラダラ過ごす事もあります。『お前はひきこもりの夏休みか!』ってなぐらい、全く大人の生活ではありません。今はとんでもなくクールダウンしています。

——————————————

大変遅くなりましたが、2010年度も多くの皆様にご愛顧頂き、本当にありがたい1年を過ごさせて頂きました。0929-3

よく『日本の農業は衰退している』『先の見えない世の中』なんて言われていますが、僕自身は全くそうは感じません。

こんなに温かいお客様と、素晴らしい仲間に囲まれて、幸せな仕事をさせて頂いています。本当に恵まれています。

これは僕だけでは無く、石原果樹園で働いているスタッフ皆感じています。

1106

———————————

僕は農家の長男に生まれて、幼い頃から『跡継ぎ跡継ぎ』と言われて、20才ぐらいまで農業が嫌いでした。『毎年同じ事やってって飽きないのか?』なんて思っていました。農業の意味が分かっていませんでした。

ですが、今では『これしか無い!』と思えます。

『楽しさ・難しさ・笑い・涙・出会い・別れ・命』多くの事、全ての事が農業に詰まっています。

0923

いい事ばかりじゃありません。農業は自分の思い描いている半分も上手くいきません。苦しい事も多いです。それもひっくるめて『生きてる。生かされてる』って感じます。

これも直接お客様と触れ合っているから、多くの出会いがあるからです。150年以上の代々の苦労があるからです。

0920-1

直売所も無く、果物狩りもしていなかったら、農業をやっていなかったら、今の人間関係は築けませんでした。皆様の人生ともリンクしていませんでした。

今では視察や研修を希望されて、全国から海外からも石原果樹園に来られる方が多いです。年配の方は父親が対応して、僕は若い方に農業や果物やお客様に対する考え方を語っています。

僕は青臭いんで、夢や希望を語ります。

0927-1

僕が果樹園を案内して色々と話した後に、若い子が『握手して下さい』なんて言ってくれたりもします。人前で話して、みんなの真剣な眼差しを見る事で『人ってお金じゃ無い。気持ちなんだ』と、こちらが勉強させて頂いています。多くの出会いがあって、僕の言葉も生まれてきます。

0914

農業は1人じゃやっていけないですし、素晴らしい出会いに支えられてここまできました。

いい出会いが多い程、学ぶ事が大きく、考え方も磨かれると思います。

1116

今までの出会いに恩返しする為にも、視察や研修も出来る限り受け入れます。

—————————————

この1年も本当に色々と考えさせられたシーズンでした。

色々あった2010年でも、1月31日におばあちゃんが脳梗塞で倒れた事はとても大きな事でした。

僕はおじいちゃんを亡くした時もアメリカで研修中でしたし、家族がいなくなるって事を直接感じた事がありません。『もし家族が目の前でいなくなるって事は、とてつもなくショックだろう』とずっと恐れてきました。

そして昨年おばちゃんが倒れた時も、僕は宮崎県の日南海岸でのんびり海を眺めていました。一報を聞いて、高速を泣きながらぶっ飛ばして岡山に帰りました。

倒れた当初は『数日持つかどうか』と言われていました。かすかに唇で反応がある事に喜んで、何も反応が無いと悲しんで、すごく苦しい日々でした。

周りの温かさに支えられ『俺に何ができるのか?』と考えた時に、出来る事は日々をしっかり生きるという事でした。普通に仕事をして、夜になったら御見舞に行って。

おばあちゃんは毎日山を歩いて上がって、果樹園で働いていました。とても根性と体力があります。

HCUから一般病棟、そしてリハビリ病院に移り、今では近くの施設にいます。

車椅子に乗れていますし、簡単な食事も、しっかり話せるようにもなりました。

7月26日に半年ぶりに我が家におばあちゃんを連れて帰ってきた時は、特別な日でした。マックスもおばちゃんに撫でて貰って幸せそうでした。

ここまで良くなるとは。本当に頑張ってくれました。奇跡のようです。

でもどんな状態でも、命あってくれれば十分です。

お客様や知人にも『おばあちゃんは元気ですか?』とメールを頂いたり、お見舞に行って頂いたり、ありがたくて泣く事も度々ありました。

本当に皆様ありがとうございます。

—————————————-

僕も就農して今年で14年目を迎えます。

毎年毎年、温かなお客様が増え、素晴らしいスタッフ、全国の農業仲間にも支えられて、石原果樹園は我が家だけの物では無くなりました。0827

出会いや経験を積んで、農業や社会に対する考え方、アプローチもかなり変わりました。

1016-1

『県外から多くの方にお越し頂いている事は、岡山県の農業の入口になっている』『農業を知って頂くきっかけを作っている』という自覚もあります。0826

農業だけじゃなく、どんな職業も皆で支えあって、この素晴らしい日本を作っています。

DSC_7199

多くの皆さんに支えて頂いている『感謝の気持ち』を持って真っすぐいけば、農業も日本も間違いは無い!と信じています。

1224

大規模な果樹園では無いですが、『こうすれば楽しく、意味あって農業がやっていける』それがハッキリと見えてきました。新しく農業を目指す方の指針でありたいとも思っています。

1009

皆様から頂いた笑顔や力を、農業貢献、社会貢献に繋げていきます。

色々書いてたら、『うっし、やるぞ!』と、力が湧いてきました!

DSC_2807

今年もやりたい事が沢山あります!

2011年度も何卒宜しくお願いいたします!

皆様のご健康、ご多幸を心から願っております。

 

できるだけブログを更新する年にもする!←っと、口だけ宣言します。。