しいたけブラザーズご来園!

2010年9月末

150momo 150muscut 150pione2 150kibiji

ぶどうは桃太郎ぶどう・マスカット・ピオーネが中心で

吉備路・翠峰などなど色々な品種を直売・果物狩りしております!

niitaka

梨は南水&新高梨が出ています。もうすぐヤーリーの梨狩りも始めます。

100929-80

まさに味覚の秋真っ盛り!!!

皆さんのご来園、ご愛顧ありがとうございます!

 

 

100929-81

遠く沖縄からもぶどう狩りにお越し下さいました!そして温かいお手紙まで!本当にありがたい事です!感動でいっぱいです。。

 

100929-82

多くの素晴らしい出会い囲まれているのは、気持ちある皆さんがこのウェブを見つけて下さっているからです

いくら美味しい果物があっても『僕たちがここにいるんだ!』って事を皆さんに知ってもらわないといけないんです。

それがせっかく育ってくれた果物の為だとも思っています。

100929-83

僕たちは信じられない程の、素晴らしい多くの笑顔を頂いてきました。

100929-84

毎年の多くの出会いが、僕たちの背中を押して下さっています!

 100929-87

2000年、僕が初めてデジカメで撮影した写真『デラウェアーの花』です。

100929-86

当時のぶどうは、このデラウェアーだけでした。

それから7万枚以上の写真を撮り続けています。  

写真を撮り続け、それをホームページにアップする。

お客様の笑顔がリンクして、お客様のお声をもっと聞き

100929-89

この10年間で、皆さんとともに

100929-90

温かく過ごせたと思います。

時代は流れても、変わらない皆さんの笑顔に支えられ

『こんなに幸せな果樹園』でいられる事を誇りに思っています。

——————————————–

100929-85

僕がアメリカ農業研修から帰ってきて13年。

直売所を始めて11年。

今では色々な品種のぶどうを、全国の農業仲間に届けられるようになりました。

————————————

多くの事に挑戦して来て、出会いや人付き合いに制限なく生きて、僕には素晴らしい農業仲間が全国にいます。

それが誇りです。

 

そして!

 

その農業仲間の中で、気持ちが一番近いのが

100929-01 

JAEC 派米研修同期。

岐阜の原木しいたけ栽培農家の横田千洋です。

 

しいたけの直売、全国発送、試食販売、しいたけ狩りもしています。

品目は違いますが、やっている事がすごく僕と近いんです!

そんな彼が初めて、石原果樹園に来てくれました。

 

それでは!1年越しの、超長~いブログ行かせていただきます!

100929-78

彼は僕たち同期102人の派米研修生のリーダーの一人でした。

とにかく熱い!男の中の男です!

2005年に岐阜の農場にお邪魔して以来、久々の再会です。

http://www.ifarm.jp/blog/archives/2007/10/post-14.htm

横田はカリフォルニアのロサンゼルス近郊の野菜農場で働き

100929-79

僕はワシントン州の果物農場で働いていました。

彼はアメリカへ行く前から『日本に帰ってきてからが勝負だぞ!』と言うぐらい、とても志の高い人間でした。いつもいつも前向きでみんなを励ましてくれていました。

100929-97 

でも日本に帰ってきてから、彼の原木しいたけは菌床栽培におされて、しばらく低迷していました。

手間もお金もかかる原木栽培。

無農薬栽培の『木の子』にこだわりって信念を貫き、独自の椎茸を作り上げて、今では『しいたけブラザーズ』として多くのメディアにも紹介されています。

しいたけ業界では知らぬ物はいない存在になりました。

そして学校や農業者への講演、食育も積極的に行っています。

僕の去年の講演の際にも、横田に色々とアドバイスを貰いました。

100929-04

僕が長年憧れている、アメリカトヨタのピックアップ『タンドラ』に彼は乗っています。

『いつかタンドラ乗ったらお前んち行くからの~!』とお互い言ってて、先を越されました!

『今日の食べるものにも困ってた俺が、まさかタンドラに乗れる日がくるとは思わなかった』

彼のお父さんの年収が7万円だった時期もありました。

100929-02

 

 

 

今ではカワイイ奥さんと3人に子供たちに囲まれて、メッチャいいパパです!

 

100929-06

アメリカで一緒に戦った横田が隣にいて、タンドラに乗っている。

大感動の僕です。

僕は横田が来た時に試したい事がありました。

『いつかタンドラに乗れたら、この大きさでどこまでいけるかシュミレーション!』

 

100929-07

石原果樹園の細い道を下りれるか?横田の運転で挑戦!

100929-92

もうギリっす。。

100929-03

なんとか下まで~。大切な車なんで、横田も丁寧な運転です。。!

100929-08

田んぼの方も攻めて~

100929-09

ついでに西大寺の街も攻めました。

こりゃ慣れたらいける!と僕も確信して果樹園に戻りました!

100929-93

お待たせ~した、元気なお子さんと

100929-34

石原果樹園を軽くご案内。

今日は雨なんで、明日気合い入れて案内する事に。

100929-10 

ちょっとだけぶどう狩りもして頂きました。

みんなで『御馳走さまでした~!』がハウスの中に響きわたり感動!

横田が食べ物への感謝を大切に、お子さんに接してるのがすごく伝わりました。

100929-11

父との絵になる背中。

 100929-12

また明日もあるから、とりあえず今日は果樹園はこれまでじゃ。

僕の両親と一緒にパチリ!

 

100929-13

そしておもむろにしいたけブラザーズTシャツに着替える横田。

100929-14 

なんと!しいたけブラザーズの文庫本も販売されました!

100929-91

『農民になりたい』です。これは他の業種から農業に挑戦した方々の短編集です。

昔、横田に目標を聞いた時に『テレビで色々と紹介されても一過性のもの。出来れば本を出版して長く想いを伝えたい』と言っていました。

この本には他の農家さんも紹介されています。

そして今は、しいたけブラザーズだけの自伝を出版準備中です。

http://d21blog.jp/discover/2010/02/post-c476.html

注目されている有名な出版社だけに、きっと話題になる事でしょう。

彼はドンドンと夢を叶えていきます。

20才で出会った時から『横田の名はいつかきっと知れ渡る』と

僕は確信していたので、彼が有名になるのが、僕の誇りです。

本もいいけどドラマや映画化されてもいいぐらい、彼の人生はドラマティックです。

100929-15

ひとまず石原果樹園をあとにして、宿泊施設にご案内~

石原果樹園から一番近い温泉で、家族で泊まれるところ

『湯迫温泉白雲閣』です。

100929-19 

温泉に到着して、ここの駐車場で横田のタンドラと僕のパジェロの大きさ比べ。

リアを揃え~

100929-17

ドン!とボンネット一つ出てます。

100929-18 

タンドラを拡大してる訳じゃないんです。。

パジェロちいさ~。

『岡山の街中で、どこに駐車すりゃいいんだ』

妄想シュミレーション激しい僕。

100929-22

みんなでタンドラに乗って~。

お姉さんの姫音ちゃん、妹のほのかちゃん。奥さんの舞子さん!

 

100929-20

一路、瀬戸大橋で香川県へ!

岐阜は山に囲まれた県ですので、みんなで海を渡るんもいいんじゃないかと!

100929-23

前列ベンチシートなので、6人乗れるんです~。

千洋と僕の間に、息子の琉邑(ルオウ)くん。

『横田~、自分の隣に分身がいるってどんな感じよ?』

色々話して、なんて幸せな時間。

みんなカワイイんす。

 

100929-21

横田『スゲー、オレ瀬戸大橋初めて!舞子は?』

奥さん『う、う~ん。初めて』

横田『今、0.5秒空いたぞっ!』

なんて笑いながら

100929-25

与島でひと休憩。一台のスペースでは入りきらない車です☆

100929-24 

ナイスショット!

『横田~、お前有名になって、街中で話しかけられたりせんの?』

『そういえば、大阪の海遊館で家族と一緒にいたら、ブラザーズさんですか?って話しかけられた事があるぞ。しいたけブラザーズのTシャツも着て無かったのに』

テレビや雑誌で、しいたけブラザーズの特集が組まれ、いつの間にか彼らは凄く有名です。それだけ農業や社会に対する、熱意・信念があるんです。

100929-95

ナイスファミリー!

この時間を共有できる、人生のご褒美です!

100929-26

しいたけの原木を触りまくってる横田の手。僕は彼の苦労の手が好きです。

しいたけブラザーズは原木を素手で触って、木の調子を肌で感じるようにしています。

『最近は割とキレイだぞ~』

しいたけは春と秋が収穫期です!

100929-27

周りの方と仲良くなる横田ファミリー。

横田は6人兄弟で、お子さんも多く大家族なんで、コミニュケーションが凄いんです。

100929-94

子供たちはすぐに遊びを見つけます!カワイイ!

そして~、香川と言えば!ちゅう事で!

ボーダー仲間!香川県出身のラムパパさんに連絡をとって!オススメの!

100929-28

高松市の『もり家』さんにやってきました!http://www.mori-ya.jp/

ちょうど麺打ちの前の席だったので、みんな釘づけ!!社会勉強にもなりました!

閉まるのが早い香川のうどん屋さんの中で、午後8時まで営業されているんで助かります!

100929-29

名物の『かきあげおろし』!かき揚げデッカ!

100929-30

『よ~し食うぞ~!!!』『美味しい~!!!』

うどんもかき揚げもメッチャ美味しい!

100929-96

みんな大満足です!

100929-31

美味しく楽しい思い出を頂きました!

ラムパパさんのおかげです!ありがとうございます~!!

100929-32

そしてうどんを食べただけの、贅沢な香川旅行から岡山へとんぼ帰って

100929-33

明日に備えて早めにお休み~☆

なんか修学旅行みたいやね!

——————————————

——————————————

そして次の日!今日はしっかり石原果樹園を案内します!

の前に~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100929-36

憧れのタンドラを運転させて頂きました!

うっしゃ~!!!ありがとう横田!!

100929-38

横田が助手席で僕が運転。V8 / 5.7リッター / 381馬力!

なめらかで、凄い加速!流石のトヨタの自信作です!

アメリカの農場で働いていた僕たちにとって、ピックアップは特別な車です。

僕も次は必ずタンドラ!です。

100929-37

横田と石原果樹園とタンドラ。

クーーーーー!!

それでは~

100929-39

軽トラに乗り換えて~

うっし、僕のスイッチオン!!!

石原果樹園、農業ツアー決行じゃ!

 100929-40

まずは梨園で樹齢160年のヤーリーの前で。

僕で五代目の石原果樹園のシンボルです。

100929-42

そして我が家へ行き、倉庫へ。

『僕が子供の頃は直売所は無くて、ここで果物の出荷をしていた。ここだけが僕の世界だった』

100929-41

『よぉ来られたな~』

おばちゃんとパチリ!

100929-43

家に帰ったついでにちょっと遊んで~

100929-45

田んぼへ!

『農業は必ず水が必要なんだよ。人間と一緒で。僕の父親はこの田んぼの用水路から、苦労して山にパイプを繋いでるんだ』

100929-44

今度は吉井川へ!

『ここの川から田んぼへ水が行って、そして果樹園に行ってる。そして誰かがお米を食べて、ぶどうを食べて、しいたけも食べて生きている。農業で命が生まれてるんだ』

『水が無いと、農業が無いと、人は生きていけないんだ。僕たちの仕事はとっても大切なんだよ』

『僕と千洋お父さんはアメリカへ行って出会った。農業があったからこそ出会ったんだ。そして農業があるからみんなが生まれたんだ』

100929-46 

『みんなのお父さんも、とってもとっても頑張ってしいたけを育てているんだ。今はまだみんな小さくて分からないかもしれないけど、横田家で生まれたって事はすごい事なんだ。大きくなったら、それが分かる日が絶対来るから!!お父さん、お母さんにありがとうって事だけは思っていてね』

それでは~ツアー最後に!

100929-48

ぶどう狩りじゃ!

ほのかちゃん!

 

 

100929-53

姫音ちゃん!

100929-50

琉邑くん!

100929-47

男同士の感動の一枚!

100929-52

優しく~ね~!

ルオウくんメッチャ優しい男の子です!

100929-49

石原果樹園のプライドのデラウェアーを横田が収穫して

100929-51

『お母さんも採らせて☆』

舞子さんとの共同作業~

100929-54

オオ~!

100929-55

そして最後に!

千洋が最新品種の『シャインマスカット』を収穫しました。

デラウェアーだけだった10年前、そして今では大切な友人が家族を連れて来て、最新品種のぶどう狩りをしてくれる。

僕の人生の大きな一区切りでした。

100929-56 

ありがとうみんな!ようこそ岡山へ!

100929-57

僕たちの人生の宝石箱をプレゼント。

100929-58

みんな来てくれてホントにありがとう!

さみしそうな顔をするルオウくん可愛いっす!

100929-60

マックスがタンドラに乗れるか挑戦~!!ジャンプして乗りました☆

いつか俺のタンドラに・・・(野望)

100929-61

石原果樹園を離れ~。

↑ 電動で全開になるんです!いつか俺も・・・

100929-74

みんなで晩御飯。

岡山市下中野の『ワールドビュッフェ』へ!

100929-73

アメリカ農業=メキシカン=タコス 

100929-62

タコスは僕たちの青春です!

100929-64

子供ってほんとカワイイです~!

100929-63

僕は奥さんに会う度についつい聞いちゃうんですが

『俺から見て、The 男!の横田が旦那さんであるってどうなの?』

などなど、かな~り喋ってワイワイしました!

100929-72

最後はキチンと『ご馳走様でした!』

ルオウくんに『大きくなったら、何になりたいの?』

『う~ん。しいたけやる』

カンド~~!

 

100929-65

そして最後の最後に芝生公園へ移動して、マックスとディスク~!

100929-66

ついつい遊び過ぎた子供たちに、集合をかけて喝を入れる横田。

100929-67

そしてみんなをすかさずスイング~!!

メリハリつけて、子供に対しても手を抜かない、全力なお父さんです!

100929-75

お別れの時です。

100929-68

タンドラの後部座席を前に倒して~

隙間にバックを入れて~

100929-69

シートで覆って~

100929-70

ベッドの完成~

100929-71 

最後の一枚です。

??

琉邑くんは、なぜかあっちを向く。

??

 

なんと僕とお別れするのが淋しかったんです。

大泣きするルオウくんを車から抱き上げて、彼の涙が止まるまで

僕もずっと泣きながら、しばらく抱きしめました。

 

こんな感動が頂けるとは。。。

僕も子供の頃は、東京のおじちゃんが帰るのが淋しくて泣いてました。

彼の気持ちも分かるし、『なんて情の厚い子なんだ』と感動しました。

きっと彼は大物になります。お父さんを越えるぐらいの。

 

みんな岡山に来てくれてありがとうね!

また俺も岐阜へ行くから!!

——————————————–

100929-77

横田も僕も15年前は『将来がどうなるかなんて分からない』若造でした。

アメリカで大きな事に挑戦して、日本に帰って小さな事を積み上げてきました。

そんな僕たちへの素晴らしい大きなプレゼントの二日間でした。

        

『皆さんに喜んで頂きたい』

『先は見えないけど、いつか認めて頂ける』

心の中に何故か自信はありました。

             

僕たちも今年で36才です。

農業者平均年齢65才。

まだまだ若造で青臭いですが

僕たちより若い世代に、伝えたい事がいっぱいあります。

       

僕たちの失敗。そして喜び。

お金じゃ買えない、僕たちが得てきた物。

 

しいたけブラザーズ石原果樹園へ皆さんお越し下さい。

色々と話しますんで。

 

農業ってホントいいですよ!