2月14日はラジオ出演!2月20日は西大寺はだか祭り!

今日は寒い一日でした~。。(^^ゞ

100211-08 

最近は田んぼを耕したり!

100211-05

梨園に肥料を撒いて、それを耕うんしたりと、ヒジョーに地味な作業を積み重ねています。

今の地味な仕事の積み重ねが、皆さんの笑顔になる!と分かってはいますが、とにかく寒いっす~。。

そんな地味な毎日の中!

100211-02 

RSKの滝沢アナウンサーさんが取材に来て下さいました!

RSKラジオの日曜朝7時半から放送の『人生スゴロク よもや万年堂』という番組です。

100211-01 

今回はアメリカ研修など僕の今までの人生や、年男としての抱負などなど、色々とお話させて頂きました。前回のブログもご覧下さっての取材でした。

自分の歴史を公共の放送で話すのは、ちょっと気恥ずかしいと言いますか、、かな~りカミまくりました。。

今週末の日曜日2月14日の7時半からRSKラジオ1494で放送されると思います。

朝早いですが、良かったら聞いて下さいませ。いや~恥ずかしい。。

滝沢さんは流石にプロ!的確な質問や、見識が広いですし、僕の日頃使わない言葉も色々と聞けて、とても勉強になりました!

わざわざご来園頂きまして、本当にありがとうございます!

100211-06

それととうとう来週末2月20日(土)に迫ってきました!西大寺はだかまつり!

についても、今回の取材で色々とお話させて頂きました。

今年は記念すべき500周年!

して今年から宝木投下が2時間早まって、夜の10時に変更されます。

100211-07

また新しい西大寺会陽の歴史がスタートする年です。

19時からは花火の打ち上げもあります!冬の花火はとても空気が澄んでてきれいですし、最後の盛り上がりはいつもすごいので、ぜひ西大寺はだかまつりにお越し下さいませ!

ヤノさ~ん、今年の裸まつりは2月20日ですよ~!

岡山には出来れば19時までにお越し下さい~!

100211-03

滝沢さんから頂いたRSKグッズ!アレすけも!ありがとうございます!

本当にRSKさんは地域密着な感じで、今まで何度も何度も石原果樹園に取材に来て下さっています。

『石原果樹園はRSK西大寺支所です』なんて言っております☆

100211-09

そして石原果樹園が初めてテレビ取材を受けたのが2001年のRSK『VOICE21』でした。

僕がホームページを作った次の年に、女性ディレクターの片岡さんが石原果樹園を見つけて下さって、ご来園頂きました。

岡山・香川ではVOICE21と言えば、地域密着の番組のボス!とでも言いましょうか、歴史ある人気ある番組ですので、とてもとても興奮して緊張したのを覚えています。

この取材が多くの方に石原果樹園を知って頂くきっかけになりました。本当に片岡さんには感謝しています!

100211-10 

そしてその片岡さんが昨年!お子さんとご一緒にぶどうを買いにご来園頂きました!

『今では駐車場には多くのお客様の車があって、石原果樹園は本当ににぎわっています。片岡さんやスタッフの皆さんのおかげです!そしてご結婚された片岡さんが、お子さんと一緒に来て下さった!今日はメッチャ感激の日です!

↑の歴史的な一枚です☆

100211-04

多くの出会いに支えられて今がある。

日々に感謝して、今日も地味な毎日を過ごしていきまーす!

2010年も宜しくお願いいたします!

100108-01

皆さん!本年度もどうぞよろしくお願いいたします!

いや~、なかなかこの一言が言えず大変申し訳ございません。

そして2010年。寅年。年男35の僕です。

—————————————

本当に色々とあった2009年。あっという間に過ぎ去りました。

僕がアメリカ農業研修から帰って来て、就農して13年。

恐ろしいほど山あり谷ありで、もがき苦しんできましたが、2009年はこれまでの人生を認めてくれるかのような、総決算のようなとてもとても幸せな年でした。

100108-05

母校の中学校で講演をさせて頂き、今までに感じたことのない世界が見えました。

———————————————–

そしてアメリカ研修仲間との再会。

100108-02

オレゴンで一緒に働いた、まだアメリカ行ったばかりで、お互い不安ばかりで励ましあった親友!岐阜の田中君ファミリー!

最初に一緒に働いたのが彼で本当に良かった!

 100108-04

アメリカ行く前から志が高く、いつも僕の悩みに真剣に向き合ってくれた。

尊敬する親友!男の中の男!しいたけブラザーズ横田千洋ファミリー!

100108-03

彼と同じ農場で働けたからこその素晴らしいアメリカライフだった。

無二の親友!熊本のケンちゃんと奥さんのスズちゃん!

アメリカ研修の仲間が石原果樹園へ果物狩りに来てくれたのは、去年が初めてでした。

 100108-15

まだ20才だった15年前の僕たちは、メッチャ広い農場で無線でボスに怒鳴られ、楽しいメキシカンに囲まれ、知らない国で泥にまみれて、下手な英語を使って2年間ガムシャラに働きました。

100108-6 

何も先は見えない、毎日が戦いでした。

何年経っても忘れる事のない、かけがえのない経験です

 100108-14

そして日本に帰った後も本当に苦労して働いて、13年経ってやっと少し落ち着いて、岡山へ来てくれました。

そんなみんなとの再会が嬉しくて嬉しくて、泣いて泣いた年でした。

————————————————-

100108-09 

そしてブログにはほとんど書けなかったですが、本当に多くのお客様との出会い!

100108-10

温かい皆様からのメッセージを沢山頂きまして!

『あ~こんなにも僕たちには期待があって、喜んで頂いて、農業やってて良かった。本当に苦しんできたし、今でも苦しんでるけど、こんないい仲間みんなに囲まれて、幸せだな~』だと、つくづく、つくづく感じた2009年でした。

100108-13

僕を育ててくれた家族、石原果樹園を選んでくれた研修生

 100108-11

いつも助けてくれる友達、スタッフのみんなにも本当に感謝しています。

素晴らしい多くの出会いがあって幸せです。 

———————————-

今日からもう2月です。昨年末からの梨の出荷シーズンも終わって、これからまた7月のぶどうシーズンに向けて、栽培栽培の毎日です。

100108-12

『7月になれば、また皆さんとお会いできる。また楽しい果物シーズンがやってくる』

それを楽しみにして、日々精進していきます。

皆さんもいい事、嫌な事、色々ある日々だと思います。僕も色々あります。35年も生きてきても『これでもか!』というぐらい悩む事も多い、ダメな自分に疲れるヤツです。

色々ありますが『健康である事。生きている事』がとても幸せだと思います。

また元気に!笑顔で!皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

ブログはなかなか更新できませんが、皆様のご健康を願っています。

いつも石原果樹園にお付き合い頂きまして、心から感謝しています。

100108-08

石原果樹園   石原 直樹